注文を行う

注文する子供

飲食店では、普段自宅で食べないような食べ物を食べることができます。
飲み物に関しても、自宅以上に豊富なバリエーションが用意されています。

自宅では中々食べることができないメニューも、専門の飲食店では食べることができます。
和食や洋食など好きな専門店が選べます。

専門店に入っても何もアクションを起こさなければ食べ物がテーブルに並ぶことはありません。
食べ物をテーブルに並べるためには注文をします。

食べ物を食べるためには、好きなメニューを注文します。
メニューの注文を行うオーダーシステムには、いくつもの方法があります。

一般的な方法は店員に直接メニューを伝えるという方法です。
ですが、現在は店員を呼ばなくても自分で注文ができるオーダーシステムもあります。

ピックアップ

デジタルならミスがない

ミス無く注文された料理

人と人が口頭でやりとりを行う場合、どうしてもミスが出てきてしまうものです。
しかしオーダーシステムをデジタル化することによって、オーダーミスをなくすことができます。

詳細を確認する

分かりやすさ

料理の一覧

飲食店で注文を行う際に、メニューが分かりにくいという場合があります。
紙面ではメニューが分かりにくい場合があるのですが、そのメニューを分かりやすくするためにもオーダーシステムのデジタル化は最適です。

詳細を確認する

印刷代の節約

節約できた紙

飲食店のメニューは紙面の場合がほとんどですが、デジタル化してタブレットを使用する場合は紙面は必要ありません。
紙面のメニューの場合印刷代が発生するので、デジタル化ではこの印刷代を抑えることができます。

詳細を確認する

導入費用

導入に掛かるコスト

作業効率を上げることができる点や、様々なコスト削減のためににオーダーシステムのデジタル化の人気は高くなっています。
ではこの便利なシステムを導入するためには、どの程度の費用が必要なのかを説明しましょう。

詳細を確認する

Copyright(c) 2014 飲食店で行なっているオーダーシステムについて. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com